ご飯

タンパク質

毎日の食事ではタンパク質の栄養素を摂取することが多いですが、これを過剰摂取することによって身体に悪影響を与えてしまいます。
特に腎臓病患者は食事の仕方によっては病状を悪化させてしまうことがあるのです。
タンパク質は老廃物となって排出されやすいですが、老廃物の排出には腎臓へ負担がかかってしまいます。
正常な人なら少しの負担がかかっても問題ありませんが、腎臓病患者にとって少しの負担でも大変危険です。
食事療法をすることで症状の進行を遅らせることができるので、宅配サービスを利用して腎臓病食を毎日食べることで症状改善を目指すことができます。
腎臓病食では極力タンパク質が使われておらず、その他の栄養素をバランス良くして作られています。
腎臓の機能を正常に保つためにはタンパク質の摂取をしないことです。
その栄養素が含まれている食品は、私達が主食としているご飯やパン、野菜などです。
これらを大量摂取することは身体に悪いので、腎臓病食ではタンパク質が含まれる食事は出されません。

毎日料理を作るのが難しい人は、定期的にお届けしてくれる宅配サービスを利用することによって毎日の食生活を快適なものにすることができます。
宅配サービスでは一食だけではなく、契約した期間のみ食事を届けてくれるサービスがあります。
利用する期間を決めて契約をすることで、わざわざ毎食ごとに腎臓病食の宅配サービスを利用する手間を省くことができます。